ここ最近ネットその他で出回ったデマ(2012年7月16日)

このブログを更新していない間も、デマや誤情報が流れた時はTwitterのTeiseiinfoのほうで度々流しつつ情報を蓄積していました。

せっかくですので、ここ最近に流れたその類の物(主に訂正する記事)をまとめてみようと思います。最初のデマソースは衝撃的に広く伝わるけど、こういう訂正は何度も流さないとなかなか伝わらず、デマのまま信じられてしまう危険もありますし。

一応読み込んでデマと「ほぼ」確定できる物を選んであります。100%の情報はどれにもあり得ないので、そこは自らの考慮でご判断願えればと。

大津いじめ事件関連

Weekly Access Top10:「一切関係ございません」 大津中2自殺事件で、ある病院がコメント – ITmedia ニュース
……少年が自殺したときに搬入した病院が陰謀に荷担したみたいなデマが広がっていたけど、事実無根と即時否定。

■朝日新聞デジタル:「いじめた少年の祖父」ネットに誤情報 元警官が被害届 – 社会(※リンク切れ確認2012/12/3)
……事件発覚当初から、「加害者少年の祖父は警察OB」という情報が名前と共に流れていましたが、このように事実無根とのこと。

■参考:加害生徒親族と思い込んで抗議、中傷 いじめ事件で事実無根デマが飛びかう : J-CASTニュース

社会

在特会生活保護デモで暴行された老人は「総連幹部・李田所(イ・ジョンス)」であるという淫夢デマが拡散中 – NAVER まとめ
……この淫夢ネタでのデマ、中国漁船衝突事故の時も死んだ海上保安庁職員としてデマネタになってましたな。

「痴漢撲滅を訴えるパンチラ女子高生」コラ画像をバラまいた主犯のツイートがひどい – NAVER まとめ

海外

[NS] アメリカ軍の無人機はパキスタンの女子高生を殺したのか?

「韓国の教科書から「進化論」が削除された」というデマ – Togetter

原発・放射能関連

ポーランドが日本食品を全面輸入禁止??にポーランド政府観光局アカウントが反応 – Togetter
……わざわざポーランド観光局の人が否定してくれたという。

日本人よ目を覚ませ! – Togetter
「その写真コラですよ」→「コラかはどうでもいい」「本物だ、地元をなめるな」 – Togetter
……デモの画像がドイツデモ合成として出回る。

ショック!!大飯原発にSWAT部隊投入! – Togetter
……日本にSWATはいません(ちなみに日本の特殊部隊はSAT)。

魚からプルトニウムが!と慌てる前に – Togetter

ゲーム・アニメ関連

ニュースリリース : 2012年6月5日
→■任天堂、新型Wii多機能に カーナビ・電子書籍 スマホに対抗
……日経の任天堂記事(カーナビ・電子書籍)に任天堂即座の否定。過去にも下のように前科ありまくりなので、日経の任天堂報道はそれを考慮してみることにしてます(ただ困ったことに全部信じないでいると、希に当てるんだよなあ)。
■参考:任天堂が激怒!もう信用できない日経の「飛ばし記事」の数々 – NAVER まとめ

ゲーム情報&ブログ2.0 『昨日ゲハで伝わっていた『3DSの液晶を安くして暗くなった』は捏造の範囲』海外記事。

山本弘のSF秘密基地BLOG:日本のアニメは昔からそうです!
……民主党政権になってから、アニメに韓国の手が……というもの。とっくの昔から韓国外注は多い。ついでに作画崩壊も多いけど。

倉部蟹子の実験室: 【速報】 やらおんの捏造記事のせいでネット記事の引用が禁止されそう
……インタビュー発言者改変。タイトルの「引用」はたぶん「転載」の間違いだと思う(引用は要件満たせば許可を得なくても出来るので)。

トトロのメイちゃんは『死んでいる』はデマ!ジブリが正式コメントしていた。|| ^^ |秒刊SUNDAY
……まあデマというよりは都市伝説みたいだけど、一応。

無罪・冤罪

■女性が痴漢被害を誤解した可能性…2審逆転無罪 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)(※リンク切れ確認2012/12/3)
……痴漢冤罪事件。

ナタリー – 大沢伸一が警察から正式な謝罪を受けたことを報告
「マスコミと高城剛は謝罪しろ!」の声 大沢伸一さん「準強姦事件」は冤罪だった (1/2) : J-CASTニュース
……大沢伸一さん逮捕が冤罪だった件。ちょっと前だけど知らない人がいると何なので一応。

その他

バック・トゥ・ザ・フューチャーのデマが出回る(2年ぶり3度目) – Hagex-day.info
……なんか来年も流れそうな気がするなあ。

—————————-

以上。また新たに出てきたらこちらかTwitterで。
センセーショナルで、怒りなどの感情を湧かせるような情報こそ、その真偽に疑いを持つ癖は大切だと思います。

スポンサーリンク
About contact
About Sitemap contact