「+675」から始まる着信は国際電話を利用した詐欺の可能性

最近、携帯電話に「+675」スタートの見覚えのない着信が届くというケースが多発しており、それに対して各種携帯キャリアより警告が出ている。

「+675」はパプアニューギニアへ繋がる国際電話で、30秒あたりの通話料(非課税)は、ドコモが68円または63円、auが65円、ソフトバンクが249円。
もちろん折り返すと、こちら側から国際電話料金がかかり、後に高額を請求されてしまう可能性がある。

詳細は不明だが、おそらくは昔からある国際電話を利用した詐欺。
これは国際電話でかかった料金(つまりかけたほうが負担した料金)が現地の通信業者からキックバックされ、利益を得るというもの(この場合日本のキャリアは関係がない)。

古くはインターネットにおいて、PCからのダイヤルアップ回線(電話回線)が主流だった時代、サイトに置いてあるexeファイルを実行させることにより、国際電話に繋ぎ直させて、あとから高額請求が来るという問題が発生していたので、それの現代版ということも考えられる。

このページは、社団法人電気通信事業者協会のインターネット利用中の国際電話トラブルについてのページです。

ともあれ、覚えのない着信、特にこのように番号が見覚えのないものに関しては、折り返さない方が安全。

スポンサーリンク