方針変更。今後は短文でも案件毎に書く方向にします

今までこのサイトの更新は自分のところで検証したデマや誤報が中心でした。以下のような感じですね。

2020年に白熱灯、蛍光灯の国内製造・輸入禁止という誤情報
2015年11月26日の報道において、『蛍光灯、実質製造禁止へ 20年度めど、LEDに置換』という記事が出される。 政府は、エネルギーを多く消費する白熱灯と蛍光灯について、国内での製造と国外からの輸入を、2020年度をめどに実質的に禁止する方針を固めた。省エネ性能が高い発光ダイオード(LED)への置き換えを促す狙いだ。安倍晋三首相が26日に財界幹部を集めて官邸で開く「官民対話」で、省エネ対策の一環として表明する。今月末にパリで始まる国連気候変動枠組み条約締約国...

それ以外の他のサイトがデマを検証しているようなものについては、まとめとして時折リンクを出しておりました。

ここ最近流れたデマ・誤報など(2015/12/22)
またいろいろ細かいこの手のデマ・誤報が出てきたので、軽くまとめておきます。 フランステロに関するデマ 2015年11月13日にフランスで起こったテロ。これに際してもデマが走りまくった。テロ直後に流れていたデマのまとめ。デマの一つで、勝手に画像を加工され、テロリストのように見せかけられたというもの。「テロリストの通信にPS4が使われた」というのは全く根拠ないデマ。震災デマ 震災から4年経つが、今でも常時流れる。 ...

これは「まあ他でやってるならいいか」的なところがあったのですが(あとリンクだけ貼って短文で終わらせるのもちょっと気が引けたので)、最近の傾向を見ると一度訂正されているにもかかわらず同じデマが残り続けることも多く見られます。

これにはいろいろ理由があると思います。

まず、デマのほうがその訂正よりも読まれてしまうこと。逆に言えばデマはだいたいがセンセーショナルなもので目立つのに、それに比べてその訂正は地味で何分の一しか読まれないことが大きいでしょう。さらに今は情報の流れが速く、一度訂正を出してもすぐに流れていってしまうことも多いです。

故に、少しでもしっかりと訂正情報を残しておくために、これからはなるべくひとまとめではなく件数毎にエントリーを設けて書こうと思います。

そうするとまず速報としてデマが広まる前により訂正をに出せるというメリットがあります。

ほかにもデマ訂正として引用、つまり訂正拡散がしやすいこと、そして検索でもまとめるより引っかかりやすくなる(デマにまつわる単語が検索された時、そのデマ情報に対して訂正を目立たせることが出来る)という理由もあります。

あと、過去のデマがまたある程度期間をおくと再浮上してデマになるケースも多いので、過去に流れたデマをまとめる方向でもやってみようと思っています(まあ以前から計画はしてたけど、着手が出来なかったのですが)。

というわけで、よろしくお願いします。

スポンサーリンク

フォローする

中杜カズサブログ更新情報
スポンサーリンク
About contact
About Sitemap contact